ニューノーマルとはどういう意味?今後、求められるものとは?

公開日:2022/08/15   最終更新日:2022/12/02

パンデミック下にあるころから使われ始めたニューノーマルという言葉は、ひと段落した現在、ますます耳にするようになりました。感染症の流行でいったん変化した生活様式に、今さら戻ることができないということのあらわれでしょう。ここではニューノーマルという言葉の意味や、新時代に求められる働き方についてお話ししています。

大阪府で評判の分譲マンションシリーズおすすめランキングはこちら

そもそもニューノーマルとは

マスクを外すことがはばかられる、消毒なしでものを触るのがためらわれる、ほか人との距離を保ちたくなる。新型コロナウイルスによる感染症はひと段落したとはいえ、気づかないうちに感染リスクをさける行動をとっていませんか?

感染症が広まって以降に一般的になったこれらの生活様式は、ニューノーマルと呼ばれています。買物や外食の機会がすっかり減って、ネット通販やフードデリバリーサービスを利用するようになったことも、ニューノーマルの一環ということができるでしょう。

ニューノーマル(newnormal)を直訳すると?

ニューノーマルは直訳すると「新しい常態(平常の状態)」という意味です。ニューノーマルがすっかり定着してしまい、それ以前の生活には戻れなくなってしまいました。

ニューノーマル時代に求められる働き方

マスクなしで出歩いていた以前の生活に戻りたいと思っても、そうはさせてくれないものです。ニューノーマルが求められるのは仕事でも同じこと、新しい働き方が要求されるようになってきたように感じます。

テレワークがさらに広まる

感染症がひと段落してから出社を推奨する動きもありますが、テレワークが盛んになったおかげで多くのことが明らかになりました。たとえば従来の働き方にはムダが多いこと。往復の通勤時間や満員電車による疲労、広いオフィスの賃料など、テレワークを継続・復活させることですべて解消してしまうのです。

テレワークと相性がよいとされる、情報通信業や金融・保険業だけでなく、ほかの業種にもテレワークへ移行する動きが一般的になっていくことでしょう。月に23度出勤して、行うのはほかの営業所とのオンライン会議なんてこともあるかもしれません。

商談もオンラインへと移行

顔をあわせて行っていた商談や打ち合わせも、リモートですますことが増えてきました。最初は違和感があったオンライン商談も、回数をこなすにつれて便利さや効率のよさに気が付いたはず。交通費もかからず、経営者にとってもニューノーマルは利点といえるでしょう。

会場を借りて行っていた販促イベントも、オンラインで開催される機会が増えています。おかげで従来の方法なら出会うことがなかったであろう顧客との、接触機会が増えたと喜んでいる方もいるのではないでしょうか。

業務へのネットのさらなる活用

ニューノーマルでもっとも働き方が大きく変わったのは、飲食業の方々かもしれません。オンラインで注文を受けたり、支払いをしてもらったり、フードデリバリーサービスを依頼したりと、ネットの活用によりサービスや業務を大きく改善させています。これらの動きは「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」と呼ばれており、ほかの業界でも広がりをみせています。

ニューノーマル時代に求められるスキル

テレワークやオンライン会議が当たり前になると、求められるスキルも従来から変化しています。たとえば身近なデジタル機器をあつかう能力。自宅の無線LANの不調をととのえたり「Zoom」があつかったりできないようでは、ニューノーマルの時代に適応することは難しいでしょう。

セルフマネジメント能力

デジタル機器のあつかいには慣れるだけでいいのですから、それほど大きな問題にはなりません。しかしセルフマネジメント能力がないと、大変なことになってしまいます。たとえばほかの方の目がないと仕事に身が入らない、家にいると仕事へのモチベーションが上がらないという方は、テレワークでは成果を発揮することが難しくなってしまいます。

コミュニケーション能力

顔を合わせてなら伝わっていたことが、オンラインでは伝わりづらくなってしまいます。モニタ越しでも大丈夫なように目線のやり方や表情の作り方に工夫する、メールで伝わりやすいように簡潔な表現を心がけるなど、ニューノーマルならではのコミュニケーション能力に磨きをかけなくてはなりません。

ニューノーマル時代に活躍するには

セルフマネジメント能力やコミュニケーション能力に欠けていることを自覚しているなら、何としてでも対応していかなければなりません。変化に対応していこうという心構えはもちろんのこと、仕事とプライベートのメリハリが付くように、自宅に書斎スペースを設けるのも方法の一つ。

テレワークを行う機会がそれほど頻繁にはないならば、レンタルオフィスなどを利用するのもよいでしょう。心構えと環境を変えて、ニューノーマル時代を乗り切っていきましょう。

 

働き方が変わるなら、環境も変わるのも当然のはず。近年はオフィスの近くに構えていた住居を引き払い、郊外に新たな分譲マンションを探す方も増えてきました。多くの方が考えるのがゆとりある生活スペースの確保、書斎スペースを設けたいという方が目立ちます。ニューノーマル時代に対応するために、住む場所を変えるのは自然で必要なことなのです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

中古マンションなど、不動産購入を検討するうえで、販売図面を確認する方がほとんどです。とはいえ、販売図面の見方が分からず、どうすればよいのか悩んでしまう方も少なくないでしょう。そこで、本記事で

続きを読む

高層マンションは人気度・注目度がともに高く、理想の暮らしの一例としてイメージする方も多いのではないでしょうか。しかし、世間からの認知度が低いだけで低層マンションにもそこでしか味わえないさまざ

続きを読む

マンション購入は人生におけるビッグイベントであり、決して安くない買い物でもあるため、せっかくなら資産価値の高い物件を選びたいですよね。そこで、この記事ではマンション購入前に知っておくべき、資

続きを読む

大阪でマンションに住むことを決めたとき、よりよいマンションに住みたいと思う方は多いと思います。自身にとっての希望条件はもちろんのこと、資産価値がなるべく高いマンションの方が今後、販売すること

続きを読む

レーベン(タカラレーベン) 株式会社タカラレーベン 本社:東京都千代田区丸の内1-8-2 鉃鋼ビルディング16階 関西支店:大阪府大阪市中央区高麗橋4-2-16 大阪朝日生命館2階 TEL:

続きを読む

レ・ジェイド(日本エスコン) 株式会社日本エスコン 東京本社:東京都港区虎ノ門二丁目10番4号 オークラプレステージタワー20F 大阪本社:大阪市中央区伏見町四丁目1番1号 明治安田生命大阪

続きを読む

分譲マンションを購入するとき、間取りのほかに重要となるのが設備です。室内の設備はもちろん、共用部分の設備も大切なのがマンションの特徴でしょう。どんなに立地がよく価格が安くても、設備が充実して

続きを読む

大阪上本町は都心部へのアクセスの良さと利便性から、府内でも人気のエリアです。こちらでは上本町のエリア情報について紹介していきます。 上本町のエリア情報   上本町が人気となっている最も大きな

続きを読む

物件を購入するとき、同時に将来の売却について考える方も多いでしょう。将来売却しやすいのは、やはり資産価値が高い家です。資産価値が高くなる条件はさまざまですが、その中の一つとして「駅チカ」とい

続きを読む

ライオンズマンション(株式会社大京) 大阪支店:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-2-3 A-PLACE心斎橋10F TEL:06-7177-1477(代表) 営業時間:平日

続きを読む